ドラクエ10の思い出

(7年前のドラクエ10の思い出。記憶があやふやなので名称を間違えているかも)

 

 ドラクエ10ドラクエで初のオンラインゲームです。

私がドラクエ10に出会ったのは中学生の頃。

もともとドラクエは大好きで、その世界で様々な人と遊べるなんて絶対楽しいだろうと確信していました。

親に頼みネット環境を揃えてもらい、ウキウキしながら発売日を迎えゲームを起動。

 

種族はプクリポで職業は盗賊、武器は爪。

サーバーに入った瞬間、沢山の人が自由にチャットをしたり、仲間と冒険に出ていたり、その光景に感動した瞬間は今でも覚えています。

ドラクエ10が初めてのオンラインゲームでした。

「一緒にクエやりませんか!?」※クエ‥クエス

「レベル10以上の僧侶募集中!」

など次々皆チャットを飛ばし合う。

私も「クエやりませんか」と恐る恐るチャットしてみたら、ひとりの紫色のプクリポが「一緒にやりましょう」と声をかけてくれて、一緒に冒険に行くことになりました。

(この方はなんだかんだ私がこのゲームを辞めるまでフレンドで一緒に遊んでくれました。)

今思えばこの時が一番楽しかった気がします。

ここからいろいろありました。

 

 冒険も中盤、ある日ジュレットの町を一人でぶらぶらしていたらミューズ海岸近くの階段で、裸になって踊るプクリポとオーガとウェディの三人組がいました。

その三人組は次々とチャットで、「うんこ!」「ちんこ!」などの下ネタや伏せ字用語などを発言していたのですが、すこしマンネリ化してきたドラクエ10にそれがすごく面白く新しく感じて、私のキャラクターも裸になり一緒に踊りました。

裸になって踊り、チャットをしているとすごく楽しくて、その三人組の中のリーダー各のプクリポ♂が関西弁でめちゃくちゃ面白かったです。

その人の名前はKとします。

チャットで騒いでいるとどんどん人が集まってきて、最初は私を含め4人だったのが15人以上の裸軍団になりました。

そして深夜になったのでそろそろお開きにしようとした時、Kが「チームを作ろう」と提案し、私はもちろん、その場にいたほとんどの人が賛成しそうして作られたKがリーダーのチーム(名前は伏せます)に沢山の人が入ってきました。

 

 最初はチームチャットで楽しく会話したり、クリアできないクエストに協力しに行ったり、レベル上げを手伝ったり、たまに集会を開き、また裸で踊ったりなど、普通にプレイしていたんですが、だんだん親睦が深まってくると、メールをみんなで交換したいという話になりました。

私は顔も見たことない人とメールアドレスを交換するのに一瞬戸惑いましたが、仲間外れにされたくなくて交換してしまいました。ヤフメなどで捨てアドレスを作っとけばよかったと思うのですが、当時はまだ中学生でネットにも疎かったので知りませんでした。

それから毎日ひっきりなしにメールが届き、ゲームをやめた後も夜遅くまでメールのやりとり、皆一斉送信でメールを送るので、自分に関係のない会話まで受信。

そして、顔写真の交換や年齢、エロ画像をよこせが始まりました。

 

 このチームはほぼ小学生から中学生ということがわかり、チームリーダーのKは男子高校生、あと20代が二人いました。

20代のウェディEは、ネナベでうつ病ニート、拒食症らしく、ほぼ22時間ログインしていて、よく骨と皮しかない足の写真を自慢げにメールで皆に送信していました。一回リスカの写真を送ってきたことがあります。

もう一人の20代は実況者らしく気づいたらチームを抜けて実況グループのチームに入っていました。

中学生のオーガJは私に勃起したチンコの写真を送ってきました。小さかったです。

チームリーダーのKは女子に写真を求めたり、エロ文章をメールで送信したりしてたんですが、チームの女子Aに写真を断られたら、Aをチームから抜けさせ、また入れて欲しければ写真を送れと脅迫したり、それはもう自由にやっていました。

 

 それでも当時の私はドラクエ10を楽しくやっていました。

ちょくちょく学校を休み、廃人並にプレイしていたためチームの中でも私は1、2を競う強さだったので、皆に頼られることが快感でした。

しかしそんな時も終わりを告げるサークルクラッシャーならぬチームクラッシャーが登場します。

 

 チームの集会で恒例の裸で踊ってチャットをしていたら、エルフ♀のLという人がやってきました。その人はチームリーダーKのフレンドらしく、皆も私も歓迎して一緒にチャットしていました。チームの一人が「このチームはいらない?」と誘うと、Lは他のチームに入ってるから入れないんだと言いました。

しかしその数日後、チームにLが入ってきました。

このLこそ最悪のチームクラッシャーでマジでヤバイ女の人でした。

 

 クラッシャーLは、チームの女キャラを使っている人のチャットをガン無視、ネナベEも女と知っていたのでガン無視(ネナベEは前からクラッシャーLをチームに入れることを否定してました)、しかし男性には可愛い顔文字をつかったり一緒にクエストに行っていました。

チームリーダーKは、クラッシャーLの言いなりで、クラッシャーLは突然サブリーダーになりかっこよかったエンブレムも可愛らしいエンブレムに変更され、気に入らない人はどんどんチームを抜けさせ、チーム古株女子のAもチームから抜けさせられ、「ごめん、もう悲しいしつまらないからドラクエ10引退するね」と私に一言残してもうログインすることはありませんでした。

チームも古株がどんどん消え、クラッシャーLのフレンドがどんどんチームにはいってきて、知らない人だらけでもう訳のわからない状態になっていました。

 

そしてある日、チームの古株でサブリーダーのSが「新しく俺らでチームを作らないか?」と私に提案をしてきて、早速Sをリーダーに私とチンコ画像を送ってきたJの三人で新しくチームを設立。

ですがなんだかんだ、チームメンバーで強ボスに挑んでも全滅しまくって険悪なムードになり、リーダーSは他の強い廃人としか遊ばなくなり、私も新学期やらで忙しくなってしまいログインすることも少なくなり、セカンドディスク発売前にやめてしまいました。

 

 

たまにドラゴンクエストXの記事を見るたびに、この人たちは今も元気だろうか、まだやっているのか気になったんで、今日7年ぶりに冒険者の広場にログインしてみたら、上記のほぼ全員2014年あたりから更新がなかったです。

何人かはアカウントごと消していました。

そしてKがリーダーのチームも消えていました。

でも一番びっくりしたのが、引退したはずの女子Aが見たことない桁のレベルになっていて、去年までログインしてあしあと伝言板を更新して、クラッシャーLは現在もプレイしているみたいです。

それと同時に私が現在ドラクエ10に対してここまで未練タラタラしく記事を書いていることに恐怖を覚えます。たぶん心のどこかでは、まだドラクエ10に復帰したい気もあるし、昔のようにまたクソみたいなチャットしながら裸で踊りたい。

でも7年のブランクはキツすぎる。

上記の出来事があってからなんとなくオンラインゲームが怖くなってしまい、オンラインゲームを一切やらなくなったが、少し前にPS4ドラゴンズドグマオンラインをやってみてら、チャットに誰も返事をしてくれないし、裸というか下着で街中でダンスしても誰も反応してくれなかった。マジで冷たかった。心が死にそうになった。

いい大人が何をしてるんだと。

その点ドラクエ10はチャットしたら誰かしら反応してくれたし、暖かかった。

掲示板で個人的にイベントを企画したら多くの人が集まってくれた。

いい話で締めくくろうとしてるけど、ホントにあのチームクラッシャーマジで怖かったんだからね!